名刺作成のコストや仕上がり時間を考えて注文のやり方を解説

名刺作成

片面か両面か

今の仕事につくに当たって、個人的に名刺を作成した経験談です。名刺というものは、長く保管される場合もあれば、すぐに捨てられるような相手に配ることもあります。いずれにしても、大切な個人情報を相手に伝えることには違いありません。そこで考えたのが、名刺をフル活用する為に、裏面にも情報をいれようということです。
表面は、まず名前、職場名、住所、連絡できる電話番号などを印刷するものがほとんどで、あとは顔写真入りなどもあります。表面は貰った人は隅々までとは言わないわでも、ほぼ目を通してくれます。では、裏面を印刷するにあたって、どのようなことを書くと興味を持って貰えるかということです。例えば、職場の地図などはよく思いつきます。
私は、その仕事関連の資格や免許はもちろんのこと、直接関係はないものの、このようなこともできるの?と思ってもらえるよう、持ってるスキルは全て相手に伝えてみようと考えてみました。中には、それを見て、仕事の話とは違う内容で、話が盛り上がることもあり、交換した相手との距離を近くすることもできました。単なる自己満足と捉えられる可能性もありますが、そこは裏面ですからちょっとした遊び心と思っていただけたらいいのです。片面の名刺が多い中、裏面の活用も考えてみると名刺作りも楽しくなります。

Choices

Sub Menu

TOP